FC2ブログ
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クレジット機能付きのnanaco

nanaco機能付セブンカードプラス


nanacoにもクレジット機能付きのセブンカードプラスがあります。
セブンカードは、セブン-イレブンを展開するセブン&アイホールディングス関連の
カード会社で、セブン銀行とも関連があります。

ポイントの還元率はトップクラス


ポイントの還元率は、Tカードの及ぶところではありません。
基本的にTポイントは200円1ポイント、クレジット機能付きでも
200円2ポイントの還元率です。

nanacoの場合、基本100円1ポイント、カード利用の場合は、
なんと、200円で3ポイントゲットできます。

キャンペーンなどでポイント2倍セールなどは良く見ますが、
基本機能として、1.5倍はあまり見たことがありません。
間違いなくトップクラスでしょう。

チャージでもポイントが貯まる


セブンカードプラスの場合、nanacoの残高が少なくなって
チャージする度に200円1ポイント貯まります。
詳しくは↓こちらをごらんください。
セブンカードプラス

クレジットチャージ機能利用でさらに便利




電子マネーを利用する時に、それなりに面倒なのがチャージですよね。
現金でチャージするには、当然ですが現金が必要です。

そこでお勧めしたいのがnanacoモバイルを利用したクレジットチャージです。

nanacoモバイル
現金の持ち合わせが無くて、しかもnanacoの残高が少ない!
という場合は、クレジットチャージが便利です。

nanacoモバイルを利用すればその場でクレジットからチャージできます。
便利で簡単な上にポイントまで付くのですから、嬉しいですよね。

クレジットチャージ

クレジットの難点は年会費








ここまで書くと、かなりお得なカードというのはお判りいただけるとは思いますが、
デメリットもあります。
特典が豊富なだけに、年会費がかかるのです。

セブンカード・プラスの年会費は、初年度無料です・・・が、
次年度以降、本会員様500円(税込)、家族会員様1枚あたり200円(税込)必要になります。

*ファミマTカードクレジット機能付きは入会金も年会費も無料です。

ただし、年会費も全く回避できないわけではありません。

前年度のクレジットショッピング本会員と家族会員の支払合計額が5万円以上の場合は、
次年度も無料となります。

実は、このような情報は、セブンカード・プラスの紹介のサイトでも小さくしか表示されていません。
良く読まないと、”年会費を取られたぁ!!”という事になりますよ。

こちらのページの一番下をごらんください。
⇒⇒⇒ セブンカードプラス


セブンカード

↑こちの赤で囲んだ部分です。
細かい字もちゃんと確認しましょうね。







スポンサーサイト

Tカードとnanacoを比較する。

実店舗で強いポイントと言えば、Tポイント、Ponta、nanaco、
これが3強だと思います。
お互いがライバル同士ですね。

nanacoはセブン-イレブンに強い!


そもそも、nanacoはセブン―イレブンが始めた電子マネーです。
TカードにもTマネーという同様の機能がありますが、
TマネーはTカードのオマケのような機能ですが、
nanacoは、そもそもが電子マネーなので、JRのsuicaや
イオンのWAONのように、かなり充実しています。

nanacoは電子マネ―の機能が充実している


オートチャージ機能




nanacoの残高が少なくなると、クレジット機能を利用して
自動的にチャージする機能です。
suicaのオートチャージと同等ですね。

nanacoモバイル


レジで支払いをする時に、お財布ケータイの機能を利用して支払いができます。
カードをいちいり持ち歩く必要がなくなるメリットがあります。

nanacoポイントとの連携


nanacoポイントは100円で1ポイントもらえる!




Tポイントど同様に、nanacoを利用すれば、nanacoポイントが貰えます。
基本的にnanacoポイントは、1ポイント1円で利用できます。

そのnanacoポイントは、基本的に100円で1ポイントをゲットできます。
Tカードは基本的に200円1ポイント(キャンペーンなどの特典を除く)
ですから、なんと、倍の換算率です。

Tマネーを利用しても、500円毎に1ポイントですから、
全然かないません。

Tマネー情報

nanacoポイントはnanacoに変換する


この辺が、成り立ちの差だと思うのですが、
nanacoは電子マネー機能の方が優先ですから、
ポイントを利用したり、貯めたりするには、電子マネーとは区別して
考えなければいけません。

頭に入れておかなければいけないのは、

電子マネーを使ってポイントが貯まり、ポイントを電子マネーに変換してから使う

という事です。

この辺り、ポイントをそのまま現金のように使える
Tカードの方が便利だと思うのですが、いかがでしょうか?

Tポイントとポンタカードを比較する

実店舗で強いポイントと言えば、Tポイント、Ponta、nanaco、
これが3強だと思います。
お互いがライバル同士ですね。

Tポイントがファミリーマート、nanacoがセブンイレブン、そしてポンタがローソン
と説明すれば判りやすいでしょうか。

LAWSONを利用するならPonta



TカードとPontaのどちらが良いかという問題ではなく、




まずは、”良く使う”コンビニがLAWSONならば、Pontaを利用するしかありません。

お互い、ライバルですから、相互交換ができないという難点があります。

また、基本的に200円で1ポイント貯まって、1ポイント1円として使えるのも同じです。

同じようにキャンペーンや割引制度があり、どちらが得とか損とかはありません。

したがいまして、どちらの店舗も利用するということであれば、
両方必要なのです。


提携企業が多いのは、Tカード



ポイントが貯まって使える店舗が多いのはTポイントです。
提携企業はコチラでごらんください。

Tポイントと提携している企業





Pontaと提携している企業

上のリンクを見ると、両方と提携している企業が少ないことが判ります。


しかも、LAWSONとファミリーマート、ENEOSと昭和シェルなど、
ライバル同士は、ポイントでもライバルなのです。

利用者としては、ポイントを相互利用したいところですが、そうはいきません。


両方のポイントをうまく使い分けることが大事でしょう。



ネットに強いのは、Tカード



どちらのポイントも実店舗中心の使い方基本ですが、
Tカードの方は、Yahooと提携してから、かなりネットでも使いやすくなりました。

そいう意味では、Pontaは、ネットでは、まだまだ使い難いと言えます。



Tポイントと楽天ポイントを比較する

世の中にはたくさんのポイントがあります。
ポイントをお得に貯めて使うためには、それぞれの特徴を知り、
適切に使い分ける必要があります。

また、自分のライフスタイルに合っているか?という点も
十分考慮しなければいけません。
実店舗中心の買い物なのに、ネットで強いポイントを貯めても
無駄になってしまいますよね。

このページでは、Tポイントと楽天ポイントを比較してみましょう。

実店舗に強いTカード、ネットに強い楽天ポイント



楽天ポイントは、楽天が運営するポイントです。
楽天独自のポイントですから、楽天市場楽天トラベルなど、楽天のサイトで貯めて、使うのには、非常にお得です。

例えば、基本のシステムですが、
Tポイントは、200円1ポイントですが、楽天は100円で1ポイントです。

Yahoo!ショッピングは楽天に対抗しているのか100円で1ポイントと、同額になっていますが、
楽天が、通常のショッピングモールや旅行などのサービスの充実ぶりは、楽天の方が上と言わざるを得ないでしょう。
(オークションサイトは、Yahooの方だと思います。)

また、各種ポイントへの交換も楽天の方が融通が利いているし、還元率も高いです。
特にEdyと交換できるのは、特筆ものです。
もはやEdyは現金と変わりませんから。

楽天ポイント(正式には楽天スーパーポイント)については、
私の別のサイトで詳しく説明してますので、参考にしてください。

⇒⇒⇒ 楽天ポイント貯め方 楽天カード アフィリエイトの攻略・裏技!



実店⇒舗に強いTポイント



一方 Tポイントは実店舗に強いのが特徴です。
楽天と提携している実店舗もありますが、Tカードと提携している実店舗の比ではありません。

またTカードの存在も大きいと思います。

楽天スーパーポイントを実店舗で使うためには楽天カードが必要ですが、
楽天カードには必ずクレジット機能が付いています。

これをデメリットと感じるかどうかはともかく、クレジット機能の有り無しを
選べるのは、嬉しいですね。

使い分けるという方法もある



以上のように、Tポイントにも、楽天スーパーポイントにもメリット・デメリットがあります。
ですから、”どちらが良い”というわけではないので、要は”使い分けが大事”なのです。

両方のポイントを使い分けることでお得な買い物ができるようになります。

Tポイントを他のポイントや現金に交換する

Tポイントは、ほとんどのコンビニ、提携店舗で使えるので、
”使う場所がない”なんてことはないと思います。

それでも、「コンビニには行かない」とか、
提携店舗が近くにないなんて方は、Tポイントが貯まる一方でしょう。

この場合は、他のポイントに交換するという方法があります。



Yahooで他のポイントや現金に交換する



yahooと提携しているSuicaポイントと交換できます。
Suicaポイントは、ご存じのとおりJRの構内売店などで利用できます。

また、ジャパンネット銀行の口座を持っていれば、
Tポイントを現金にすることもできます。

現金に交換する場合は、 100ポイントで85円と、レートが若干下がります。

 yahooポイント交換


Tサイトで交換する



まずは、Tサイトで交換する方法です。
こちらは、ANAのマイルなどと交換できるのですが、
正直言って、他のポイントからTポイントに交換するのを推奨していて、
交換先も少ないし、レートも良くありません。

このページで交換するのはお勧めではないのですが、
一応、”できる”ので紹介します。

Tサイトで他のポイントに交換

Tポイントで豪華商品をゲットする

豪華商品を狙って抽選にエントリーするとうのはいかがでしょうか?

Tポイントをショッピングの際に割引に使うのも良いのですが、
こちらは、夢がありますよね。

家電やグルメ、旅行など、いろんな景品が用意されています。

こちらで確認、 Tサイトで商品好感

Tポイントでエントリーするためには、Tサイトの登録とYahooIDが必要になります。

20ポイントから応募ができます。
中途半端にTポイントが残っている時などは、せっかくですからエントリーしましょう。

もしかしたら、豪華景品をゲットできるかもしれませんよ。

Tポイントの使い方

Tポイントを店舗で使う



貯まったTポイントを店舗で使う場合は、
清算する前に”Tカードを提示しましょう。

清算した後だとTポイントは付きませんので
必ず、Tカードを提示してから、清算してもらいましょう。

また、清算の時Tカードを持っていないと、Tポイントはもらえませんので、
買い物に出る時に忘れないようにする事はもちろん、
レジに並ぶ前に用意しておくことも大事です。

Tポイントをネットで使う



貯まったTポイントをネットで使うためには、
YahooにTカード番号を登録しなければなりません。

これにより、yahoo以外のサイトでもTポイントを利用して
買い物ができるようになります。

詳しくはコチラをごらんください。⇒ ネットでTポイントを使う方法




ネットでTポイントを使う方法

貯まったTポイントは提携している店舗では
そのままで使えますが、ネットで利用するには、
Tカード番号をYahooに登録しなければいけません。

YahooIDをゲットする



当然といえば当然ですが、Yahooに登録するのですから、
YahooIDが必要です。

YhooIDの登録と同時にTカード情報も入力できますので、
Tカードを持っていてもYahooIDを持っていない人は、
一気にやってしまいましょう。

もちろん、無料です。

登録方法


まずは、Yahooのトップページから「ログイン」をクリックします。

roguin.jpg

ログイン画面が出ますから、さらに「新規取得」をクリック。

YahooID新規取得

新規取得画面に必要情報を入力します。
その時に、Tカードを持っているにチェックすれば、
同時にTカード番号を登録できます。

チェック


Tポイント番号の確認方法



Tカード番号は、1つしか登録できません。
複数持っている方は、一番使うカードを用意してください。

Tカード番号は、カードに書いている9桁、16桁の番号のことです。
(- ハイフンは除きます)
下の画像で確認してください。

Tカード番号

他のカードも同じ位置に記載されていますが、
不安な方は、下のリンクで確認してください。

⇒⇒ Tカード番号の確認方法

既にYahooIDを持っている方



既にYahooIDを持っている方は、既に利用しているYahooIDを利用できます。
Tカード番号登録のページで登録してください。

Tカード番号を登録すると、自動的にTカードの情報が取得されます。
Yahooのマイページなどで、保有Tポイントが表示されるようになります。

始めてこれが表示されたときは、感動しました。

なお、一連の作業をTサイトでも確認できます。
⇒⇒ Tカード情報登録




便利なTポイントの使い方

貯まったTポイントは、買い物をするときに1ポイント1円分の割引に使えます。
店舗で使う時は、清算する前に「Tポイントを使いたい」と伝えればOK。
インターネットで購入する場合も Tポイント情報を入力した上で、
使うポイント数を入力すればOK。
簡単に割引されます。

でも、Tポイントにも便利な使い方があって、
知っておくと、ちょっとお得した気分になりますよ。

Tポイントを使えるお店はTサイトで検索


まずは、Tポイントが使えるお店を調べましょう。
手っ取り早いのは、Tサイトに掲載されている情報を見ることです。

⇒ Tサイト

上記のサイトでTポイントを使えるお店は、多数あることは判るのですが、
実は、この中に、Tポイントを使っても、現金同様にポイントを付けてくれるお店があるのです。
こういったお店を調べるて、実際にポイントをゲットするとちょっとお得ですよね。

端数をTポイントで支払う



これは知っておくと便利。
ポイントは使いたいだけ使えます。

消費税で困るのは、財布の中にやたらと小銭が溜まることではありませんか?
1円玉5円玉10円玉など、貯まってくると財布は膨れるし重いですよね。

これを防ぐために、端数だえポイントを使うのです。

たとえば1,000円の買い物をして、1,080円の支払いだったとき、
80円分だけポイント利用にすれば、お釣りで小銭が増えることはありません。
これは便利ですよ。

TカードをYahooIDに登録しよう!

Tカードをゲットしたら、まずやって欲しいのが
YahooIDにTカードを登録する事と、TサイトにTカードを登録することです。

ネットでTポイントを利用する


Tポイントは、実店舗だけでなくネットでも利用できます。
ネットでTポイントを貯めたり、使ったりするのに、便利なのが
YahooIDです。

ネットで買い物をしたり、Tポイントをゲットしたりする場合、
何かしらの方法でログインを求められます。
Tサイトに登録するだけでOKのケースももちろんあるのですが、
YahooIDの方がやはり便利です。

Yahooで買い物をしてTポイントをゲットする


Yahooで買い物をすれば、通常の店舗より効率よくポイントが貯まります。
サービスによって差があるのですが、基本的に

100円→1ポイント  のレートなのです。

 ⇒ YahooでTポイント

これは、通常の倍です!
 ⇒ サービスによって違います Yahooのサイトをご覧ください。

Yahooショッピングを利用しよう


Tポイントを効率よく貯めるなら、Yahooショッピングです。
サービスもたくさんあるので、じっくり選びましょう。

Yahoo!ショッピング


Yahoo!トラベル

Yahoo! toto


Yahoo独自のキャンペーンもある


Yahooには、Yahoo独自のTポイントが貯まるキャンペーンがあります。
くじ、キャンペーン、ゲームなど、Tサイトに負けない企画が盛りだくさんです。
 ⇒ Tポイント powerd by Yahoo
 
最新記事
Tカードの種類と作り方
Tカードの種類や その選び方と作り方を紹介しています。
Tポイントの貯め方
Tポイントの使い方
Tポイントの貯め方いろいろ
他のポイントカードとの比較
リンク
コンテンツ
検索フォーム
姉妹サイトの紹介

RSSリンクの表示
リンク


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。