スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

定期的な必要経費でTポイントを貯める

まずは、必ず必要な経費でポイントが貯められないか確認する


間違いなくポイントが貯まる方法でお勧めするのは、
定期的な支出必要経費でポイントを貯める方法です。

毎日、毎月、毎年必ず必要になる支出でTポイントを貯める



* 毎月必要な費用の例

  • 家賃・駐車場費用

  • 通勤・通学

  • 通信費(電話料金・スマホ、プロバイダ料金など)

  • 保険費用


ここでは、例として通信費を利用してTポイントを貯める方法を紹介しましょう。
例えば、ソフトバンクなら毎月の通話・通信でTポイントを貯めることができます。

詳しくはコチラ⇒ ソフトバンク 毎月の通話・通信で貯める



必要経費でTポイントを貯める


その他、必要経費を利用してTポイントを貯めることができます。
下記のような支出でTポイントが貯められないか、確認しましょう。


  • 電気代、ガス代など光熱費

  • ガソリン代

  • 日用品

  • 食費


例えばガソリン代の場合、ENEOS
で給油すると、料金に応じてTポイントがもらえます。

詳しくはコチラ ⇒ ENEOSでTポイント





電気代、水道代などをクレジット払いにしてポイントを貯めるという方法もあります。
例えば、ファミリーマートのクレジットカード
で公共料金の支払いをすると、Tポイントが貯まります。

詳しくはコチラ ⇒ 各種代金の支払い(ファミリーマート)

このように、定期的に支出する費用も、
何も考えずにダラダラと支払うのではなく、お得に支払ができる方法があるのですから、
積極的に利用するべきだと思います。

まずは、定期的な支出を検証して、ポイントを付けられないか検討してみましょう。




スポンサーサイト

ファミリーマートとTカード

ファミリーマートで発行されるのがファミマTカード
です。

店舗で発行できる無料のTカードももちろんファミリーマートでゲットできます。

ファミマTカードは、無料のものでも特典が付いています。

例えば、チーズチキン通常:130円→セールで:120円→会員価格(Tカード提示で):110円
など、けっこうお得ですよね。

さらにTポイントプラスキャンペーンというのがあって、
こちらは対象商品を購入するとボーナスポイントが付いてきます。

詳しくは⇒ ファミリーマートのTカード

またファミマTカードをTUTAYAに持っていけば、レンタル機能を付加することもできます。
ただし、TUTAYAの入会金は必要ですので、カードが節約できるだけですけど。

ファミマTカード

ファミランク



ファミマTカードを利用して買い物金額に応じて、Tポイント会員のランクが上がります。
一か月 5千円以上の買い物でポイント2倍
一か月 1万5千円以上で、なんと3倍のTポイントが付くようになります。

無料のTカードで、ここまでサービスがあるのはファミリーマートぐらいではないでしょうか?

詳しくは⇒ ファミランク

ファミTカード クレジット機能付


普通ののTカードでも、かなりお得なファミTカードですが、Tポイント付きクレジットカード
になるとさらにお得です。(もちろん入会金、会費ともに無料なのに!)




通常のクレジット払いでポイント2倍!



通常のポイント:200円1ポイントと併せてクレジット払いが200円1ポイントが付与されるので、
200円2ポイントのTポイントがゲットできます。

毎週火曜日と土曜日はTポイント5倍



毎週土曜日と火曜日は”カードの日”ということで、
クレジット機能付きのTカード利用で5倍のポイントがゲットできます。
これはお得ではないでしょうか?

詳しくは⇒ ファミリーマート カードの日

25歳以下だと通常ポイントも2倍!



ファミマTカード利用者が25歳以下の場合、”若者応援企画”で、
クレジット利用分のTポイントが2倍になります。

詳しくは⇒ 若者応援ポイント


入会キャンペーンを見逃すな!


ファミTカードにも、入会特典でTポイントがもらえるキャンペーンがあります。
こちらを見逃さないように入会チャンスを探りましょう。





リボ払いに注意!


お得がいっぱいのクレジット機能付きファミTカードですが、
欠点が無いことはありません。

ファミTカードで評判を落としているのが、クレジットの支払方法が
デフォルト(初期設定)でリボ払いになっている事です。

特に”店頭払い”のファミTカードはリボ払い専用です。
こちらは、初回はミニマムの金額しか請求されませんので、
気づかなければ使いすぎの危険もありますし、リボ払いの手数料も払わなければいけません。

判っていてリボ払いを利用するなら良いのですが、
一括支払いをして手数料を払いたくない人は、
”口座引き落としコース”を選択して、全額支払いを選択しなければいけません。

詳しくは⇒ ファミTカード 講座引き落としコース

普通のクレジットカードは、この辺りの説明をキチンとやっているのですが、
ファミリーマートの場合は、十分とは言えず、批判されている記事を多く見ます。

十分気を付けてから入会するようにしましょう。

もちろん、リボ払いのメリット、デメリットを十分理解して利用するのは
全く問題ありません。



TSUTAYA(つたや)のTカード

発行するTカードの種類の多さでは、特筆なのがTSUTAYA
です。

クレジット機能の有無、会費のバリエーションなど、
いろいろありますので、じっくり選びましょう。

レンタル機能付きTカード


つたやでも店舗で無料のTカードは作れます。
なのですが、無料のTカードではレンタルができないので、
CDやDVDなどをレンタルするには、レンタル機能付きのTカードが必要になります。

こちらは店舗によって入会金が違うのですが、
概ね300円~500円程度です。

また1年ごとに更新費用も必要になります。

ちなみに、つたやでレンタルができる以外は、
無料のTカードと何も代わりません。

お店でレンタルした場合のポイントは
100円ごとに1ポイントです。

Tカードプラス



クレジット機能付きのTカードです。
入会金無料で初年度は会費も無料なので、
初年度は、Tカードプラスの方がお得です。

また、2年目以降は、年会費が525円必要ですが、
レンタル機能を持ったTカードは、ほぼ同額の更新費用が必要ですので、
実際、差は無いことになります。

またカードの年会費は年1回の利用で無料となっています。
・・・が、この条件は要注意なので、下記をごらんください。





カード会社によって年会費無料の条件が違う



実は、サイトを隅々までみると、
同じクレジット機能付きのTカードでも、発行するカード会社が違うことがあります。
これは見落としやすいので、下のリンクを良くご覧ください。

Tカードの選び方

同じカードを複数のカード会社が発行していることがこれで判りますね。
例えばアプラスの場合です。

年会費 : 初年度無料 
※2年目以降、年会費500円(税抜) 。
ただし、免除条件あり。 ←←←←←← これが大問題!!

この免除条件は、本当に良く捜さないと発見できないのですが、
例えば2012年のキャンペーンでは”小さく”。。。

 ”年5万円以上の利用” w(゚ー゚;)wワオッ!

と書いています。⇒⇒⇒ アプラスのキャンペーン
この条件は時と共に変わってはいるようですが、契約するときは、
必ず年会費免除の条件は確認するようにしましょう。

クレジット機能付きTカードの特典



とはいえ、年会費とクレジット機能なしの更新手数料がほぼ同額なので、
これを気にしなければクレジット機能付きのメリットは大きいです。

例えばレンタルするときに200円で1ポイントにプラスして
クレジット払いの1ポイントが加算されるので、200円で2ポイント付きます。

他にも、買い物時にボーナスポイントが1ポイント、誕生月はレンタル料半額
などの特典もありますから、どっちが得か?と言えれれば、
やはりクレジット機能有りの方が得と言えます。

Tカードプラス プラスアルファ



こちらは、25歳以下の方のために作られたカードです。
Tカードプラスと同じ機能を持ちながら、
初年度から5年目まで会費無料となっています。

若い人向けのサービスですね。



TポイントとYahoo

2013年7月1日 YahooポイントがTポイントと統合されした。
私事で恐縮ですが、Yahooアフィリエイトで、
Yahooポイントが溜まっていたものの、Yahooショッピングで
買い物をすることが少なく、そのままになっていました。

一方、Tカードの方も、実店舗では利用できるものの、
ネットで利用し難いし、Tカードを使える店も当時は少なかったので、
なかなかTポイントが溜まりませんでした。

ところが、この統合で、アフィリエイトで溜まったYahooポイントを
Tポイントに変換すると、一気に数千円分のTポイントが溜まりました。

これは感動しましたね。

このシステムのおかげでネットで稼いで実店舗で使うという
なんとも嬉しい展開ができるようになりました。

今では、楽天でも同様のことができますが、
当時は、実店舗でポイントがジャンジャン使える快感をヒシヒシと感じていました。

実店舗で貯めたTポイントをYahooで利用する



Tカードを実店舗で利用した際に貰えるTポイントを
Yahooでも使えます。

Yahooショッピングをはじめ、Yahoo!トラベルヤフオクなど、Yahooのサービスに使えます。


Yahooで貯めたTポイントを実店舗で使う



一方、Yahooショッピングなどで溜まったTポイントを実店舗で使うこともできます。

レジで、Tカードを提示し、”Tポイントで支払います”と言えば、
現金は必要ありません。

YahooIDとTポイントの連携について



YahooでTポイントを利用できるようにするには、
YahooIDとTカードの関連付けが必要になります。

やり方は簡単、YahooIDでログインしてTカードの番号を登録するだけ。
これだけで、Tポイントが相互利用できるのですから、初回は感動しました。

詳しくはYahooをご覧ください。
⇒⇒⇒ Tカード・YahooでTポイントをお得に貯めよう!

*参考まで、

ポイントをネットと実店舗 相互でポイントを利用できるのは、
楽天スーパーポイントなどもあります。

しかし、実店舗で楽天スーパーポイントを使えるところは非常に少なく、
Tポイントとは雲泥の差があります。

Tポイントの強みは実店舗で使える店が多いところでしょう。

無料・クレジット機能ありのTカード

Tカードは基本的に無料でできるので、
わざわざクレジット機能を付ける必要はないのですが、
クレジット機能があるTカード(Tカードプラス)は、無いTカードに比べると
かなりお得にできています。

クレジット機能を付きのメリット



発行手数料が無料になる


例えば、TSUTAYA
の場合、レンタル機能を付けると300円~500円(店舗によって違う)の
発行手数料を取られますが、クレジット機能付きにすればこれが無料にあんります。

基本的にポイントが2倍になる。



Tカードを利用すると、通常Tポイントは200円に付き1ポイントですが、
クレジットを利用すると、クレジット利用分にも
200円1ポイント加算されるので、合計すれば200円で2ポイントの
Tポイントがもらえます。

クレジット機能付きのカードを対象にした
ポイント倍増のキャンペーンも開催されますので、
これを利用すればお得にTポイントが貯められます。

また、Tカードプラスを発行すると、
無料どころか、ポイントをプレゼントしてくれるサービスもあります。

例えばカメラのキタムラ
では、最大6000ポイントをもらえるキャンペーンを実施中です。
⇒⇒⇒⇒⇒Tカードプラス web入会キャンペーン

クレジット機能を付きのデメリット



基本的にクレジットカードですから、紛失などのリスクは
クレジット機能なしのカードに比べると格段に増えます。

さらに、カード作成の際、料金はかからなくても、
手続きは面倒です。

まぁ、デメリットといえばこれぐらいでしょうか?

Tポイントが一番貯まる Yahoo Japanカード



yahooショッピング、LOHACO利用で、3倍お得!
毎日使えばTポイントがお得に貯まる。





Tポイントが一番貯まるYahoo Japanカード ← 詳細はこちら

シンプルなキタムラのTカードクレジット・機能付き Tカードプラス


  ↓↓↓↓↓



有料・クレジット機能付のTカード

有料・クレジット機能付きのTカードのメリットとデメリット



有料・クレジット機能付きのTカードのメリット



基本的に無料で手に入るTカードですが、
クレジット機能を付けることで様々なサービスが不可されます。
カード会社は”できるだけカードを作って欲しい”のですから当然ですよね。

例えば、TSUTAYA

の場合、Tカードにレンタル機能を付けると、入会金として300円から500円程度必要ですが、
クレジット機能ありを選択すると、これが無料になります。

TSUTAYAの場合、年会費が540円かかる(これが有料と言われる由縁)のですが、
年に5万円以上、クレジット利用があれば無料になります。

さらに他のTカード提携店舗で利用してもポイントが貯まりますし、
お得なキャンペーンなどもあります。

また、無料のTカードは基本的に200円→1ポイントですが、
100円→1ポイントのサービスを実施している店舗もあります。

TAUTAYAは、店舗利用で100円1ポイント、クレジット利用でさらに1ポイント付きますので、
実質 100円1ポイントとなります。

有料・クレジット機能付きのTカードのデメリット



年会費がかかるのは、残念ながらデメリットでしょう。

デメリットと言えるかどうか人それぞれですが、クレジット機能付ですから、
普通にクレジット・カードであるという事が上げられます。

18歳未満が入会できなかったり、紛失に対するリスクなど、
クレジット・カードとしてのリスクはあります。

また、クレジット会社にも個人情報が登録されますので、
これをデメリットと感じる方にとってはデメリットでしょう。




有料・クレジットカード機能なしのTカード

有料・クレジットカード機能なしのTカード



有料・クレジットカード機能なしTカードとは?



Tカードは、ポイントを貯めて使うためのカードなので無料が基本です。

基本的には無料のTカードですが、これに他の機能を付けると
その分の料金がかかることがあります。

代表的なのは、TSUTAYA
のレンタル機能付のTカードです。

レンタル機能付きのTカードをゲットするには、
入会金として300円~500円程度(店舗によって違う)の入会金を払わなければいけません。

この入会金の支払を回避する方法がクレジット・カード機能付になります。

クレジット・カードは無料で発行してくれるところが多く、
発行すれば、サービスとしてレンタル機能などが付いてくるのです。

⇒ 無料・クレジット・カード機能付きTカード



無料 クレジット機能なし のTカードの作り方

クレジットカード機能無しのTカードを作る方法を説明する前に、
もう一度、この種類のTカードのおさらいをしましょう。

無料のTカードは専らTポイントを貯めて、使うだけに利用します。

ポイント優待やレンタルの機能などは付いていませんので、
まずはココを確認しましょう。

逆に、Tポイントを貯めて使うだけなら、このカードで十分です。

店舗で買い物をする際に提示すれば、買い物金額に応じて
ポイントが付きますし、溜まったポイントを利用することで、
割引を受けられます。

クレジットカード機能無しのTカードを作る方法



最も簡単なのは、実店舗で作る方法です。
Tカードを扱っている店舗ならどこでもTカードを手に入れられます。

コチラで確認してください。⇒⇒⇒ Tカードについて(Tサイト)

Tカードそのものは上記の店舗で簡単に手に入れられますが、
ポイントを使えるようにするための会員登録には
2つの方法があります。

Tカード会員登録の方法



最も簡単なのは、実店舗で会員登録までやってしまう方法です。
これは、レジで「Tカードをください」というと、
一緒に登録用紙が出てきますから、これに記入するだけなので、
非常に簡単です。
*簡単なのは実際の登録を本人に代わって店舗の人がやってくれるからです。

TSUTAYAの実店舗やドラッグストアなどで入会できます。

コチラで確認してください。⇒⇒⇒ Tカードについて(Tサイト)

ちなみに、私はドラッグイレブンでTカードをゲットしました。
登録もこちらの店舗で行っています。


自分自身で登録しなければならないのが、
ファミリーマートやドトール・コーヒーでゲットした場合。

こちらはYahoo会員登録の機能を利用して登録するので、
まずはYahooの会員になる必要があり、少々面倒です。

詳しくは⇒⇒ Tカード会員情報を自分で登録する方法

個人情報も必要最低限の登録でできますし、
ポイント分の価値しかありませんので、紛失などでも気にならないというメリットがあります。

1枚は持っておくことをお勧めします。





Tカードの種類と選び方

Tカードの種類 その① ”無料 or 有料



Tカードで、まず考えないといけないのは、”無料か有料か”ということです。

実はTポイントを貯めて使うだけなら無料のカードで十分で、
特にお金を払う必要はないのです。

では、何故有料のTカードがあるのか?

実は、TカードにはTポイントを貯めて使うだけでなく、
さまざまな機能を付けることができます。

例えば、TSUTAYAのTカードには、CDやDVDのレンタル機能を付けることができます。

TSUTAYAの場合は、”入会金”という名目で300円程度(店舗によって異なる)必要です。

TSUTAYのカード一覧(TSUTAYAの公式サイトです)

Tカードの種類 その② ”クレジット機能 有り or 無し



一方、クレジット機能の有無でも分けることができます。
有名なのは、ファミマTカード
ですね。

*なぜ有名なのかというと、カード作成時にデフォルトでリボ払いになってるんですね。
これが話題になっているのですが、別のページで取り上げます。


ファミマTカード・クレジット機能付きの場合、
買い物をする時にクレジット払いにすると基本的にポイントが2倍付きます。
さらにクレジットカードの日というのがあって、
この日に使うと、なんと3倍のポイントが付くんです。

発行手数料はもちろん無料!
ファミマを利用する方は、ゲットしたいカードですね。

Tカードの種類は大雑把に言うと4種類!”



以上をまとめますと、Tカードの種類は、

①無料 クレジット機能なし
②無料 クレジット機能あり
③有料 クレジット機能なし
④有料 クレジット機能あり

の4種類があることになります。
Tカードを選ぶ際には、まず、この事を頭に入れましょう。

そもそもTポイントとは?

Tポイントの”T”は、TUTAYAの”T”だと思っている方が多いようですが、
実は違います。

Tポイントはカルチュア・コンビニエンス・クラブという会社が運営する電子マネーサービスで、
創設者によると、単に”Tの文字がかっこいいから”というのが理由で意味は特にないようです。

Tポイントは多くの店舗で使え、代表的なショップはほとんど使えると言っていいでしょう。


そもそもは実店舗での利用がメインだった



TSUTAYAのレンタル会員のポイントを、他店でも使えるように
包括的気に扱えるように考えられたのが、Tポイントの始まりです。

実店舗で入会・発行し、レジで買い物をしてポイントを貯めて、
レジで買い物をする際にポイントを利用できるように考えられたのが
Tポイントと言っても良いでしょう。

参加する企業が増えてネットにも進出


Tカード、Tポイントが使える店舗が徐々に増えていくに伴い、
ネットにも進出するようになりました。

転機はYahoo!との提携だと思います。

これにより、実店舗で貯めたTポイントをネットで使ったり、
反対に、ネットで貯めたTポイントを実店舗で使えるようになりました。

これにより、同様の機能を持った、楽天カードに対抗できるようになったと思います。
しかも、楽天カードは、基本的にクレジットカードですが、
Tカードは、クレジット機能なしでも発行が可能です。

この点において、楽天カードよりもアドバンテージがあると言えるでしょう。


Tポイントが使えるようになるまでの流れ



  1. Tカードを作る

  2. 買い物する時にTカードを提示ポイントをゲット

  3. 買い物するとき、レジでTカードを提示、「Tポイントを利用」と店員に伝える

  4. ポイント利用で証言をゲット!


Tカードが使える代表的な店舗








style="display:inline-block;width:180px;height:150px"
data-ad-client="ca-pub-9099028714769533"
data-ad-slot="4825173405">

 
最新記事
Tカードの種類と作り方
Tカードの種類や その選び方と作り方を紹介しています。
Tポイントの貯め方
Tポイントの使い方
Tポイントの貯め方いろいろ
他のポイントカードとの比較
リンク
コンテンツ
検索フォーム
姉妹サイトの紹介

RSSリンクの表示
リンク


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。